14、サイト公開 解説

ここではサイト公開の解説をしていきます。サイトを公開するには2つの方法があります。

 

1つ目は作成したサイトをHTMLで書き出し、FTPを用いてサーバーへアップするという方法です。下の画像赤い丸の部分「ファイル」→「HTMLで書き出し」と進み、書き出されるファイルをPCへ保存します。その後FTPを用いてサーバーへアップロードすれば完了です。

当サイトもこの方法でアップロードしました。ちなみに使ったFTPはFilezillaです。この方法を使う簡単な流れとしましては、①サーバーを借りる②ドメインを取得する③FTPでアップロードとなります。

御自身でFTPを用いるのではなく、「HTMLで書き出し」の下にあります「FTPホストにアップロード」を選択してアップする事も可能です。

Loading the page...

サイト公開

解説 TOP

15、参考サイトリンク/

   終わりに

Business catalyst

 

何か追加・変更したら「プレビュー」

で必ず確認!!!

 

「ファイル」

「サイトを保存」

も必ず忘れずに!!!

2つ目はAdobe Business Catalystを使う方法です。

下の画像の赤い丸で囲った「パブリッシュ」をクリックすると、赤い四角で囲った部分が出てきます。オプションをクリック「パブリッシュ先」「URL」といった項目を出しておきましょう。

 

①のサイト名に任意の名前を入力すると、②のURLに自動的に反映されます。こちらのURLは変更可能です。入力が完了したらOKボタンを押します。

パブリッシュが完了すると、Business Catalystにて仮アップされたサイトを、Web上から誰でも見る事ができるようになります。

ただ、これはあくまで仮アップのトライアルサイトで公式ページには「Adobe Business Catalyst プラットフォームにパブリッシュしたトライアルサイトは、オンラインで 30 日間ご利用いただけます。」と記載されています。

本アップするには「パブリッシュ」の右にあります「管理」から管理画面に入り、「ダッシュボード」の中央付近にあるweb Hosting下にある「Launch site」から行えます。

 

Adobe Business Catalystに関しましては、現状この程度しか理解できておりません。勉強不足ですみません。もう少し理解が深まり、時間があります時には追記できたらと思っています。

テストサイト「simple corporate」

http://muse-logsimplecorporate.businesscatalyst.com

© muse-log.com all rights reserved.